ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー

バトラー ジュディス ジェンダー

Add: ujeziq49 - Date: 2020-11-21 05:51:44 - Views: 8308 - Clicks: 5343

ホーム; 年度 プレスリリース一覧 『ジェンダー・トラブル』の著者であり、世界屈指の哲学者 ジュディス・バトラー氏に「明治大学名誉博士学位」を授与 12月11日、駿河台キャンパスで贈呈式、講演会. Amazonでジュディス バトラー, Butler, Judith, 和子, 竹村のジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱。アマゾンならポイント還元本が多数。ジュディス バトラー, Butler, Judith, 和子, 竹村作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ジェンダートラブルについて ジュディスバトラーのジェンダートラブルではジェンダーとセックスの関係について、いままでのセックスは生物学的でありジェンダーが社会的に文化により構築されたものだと主張していると思います。ここまでの前提で間違っていたら訂正をお願いします. はじめに ジュディス・バトラーはその著、『ジェンダー・トラブル――フェミニズムとアイデンティティの攪乱』のなかで次のように言う。.

Butler、1956年 2月24日 - )はアメリカ合衆国の哲学者。. 電車の中でジュディス・バトラーの『ジェンダー・トラブル』を読む。 はじめて読む本のはずであるが、本を広げると、そこらじゅうに赤線が引いてあって「ジュディス、キミは賢い!」などと感嘆符つきのコメントが書かれている。. ジェンダー理論で知られる著名なアメリカ人哲学者のジュディス・バトラー氏が12月11日、明治大学(東京千代田区)で講演した。 『ジェンダー. 余談ですが、ジェンダー論とフェミニズムの関係について私の意見をまとめておきたいな〜と思います。 ジェンダー論を学ぶ人の中には、フェミニストを名乗る人もいれば、フェミニストと呼ばれることを好まない人もいます。 その理由は、やはりフェミニズムというと「女性の権利」のみを訴える学問という色が感じられる所にあるのではないかと思います。 しかし、第4波フェミニズムと呼ばれるフェミニズムでは、このハヤカワ五味さんがTwitterに書かれているような理念を掲げるフェミニストが多い気がします。(ハヤカワさんはマイノリティとおっしゃってますが、全然そんなことないんじゃないのかな〜と私は思います) さらに言うなれば、ジェンダー論の出発点は、フェミニズムにあると述べている研究者も少なくありません。 「ジェンダー論」が”性別”によるあらゆる差別、不利益からの解放を目指すための学問だとすれば、「フェミニズム」は”女性という性”によるあらゆる差別、不利益からの解放を目指すための学問だと考えられるからです。 私もかなりリベラル寄りなフェミニストなので、フェミニズムを語る上で、ジェンダー論を学ぶこともかなり重要なことだと考えています。.

『ジェンダー・トラブル』の 〈ジェンダー〉と「身体なるもの」 須永将史* ジュディス・バトラーの身体へのアプローチにはどのような意義があるのだ ろうか.本稿ではまず,『ジェンダー・トラブル』におけるバトラーの身体へ. Who Sings the Nation-State? 現代思想年3月臨時増刊号 総特集=ジュディス・バトラー-『ジェンダー・トラブル』から『アセンブリ』へ-. Bodies that Matter: On the Discursive Limits of "Sex", (Routledge, 1993). ジュディス・バトラーが1990年に発表した論文、『ジェンダー・トラブル――フェミニズムとアイデンティティの攪乱』(原題 Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity)は、フェミニズムやレズビアン/ゲイ・スタディーズを中心とするジェンダー/セクシュアリティ研究に対して、現在までに. ジュディス・バトラー(Judith P. Giving an Account of Oneself: A Critique of Ethical Violence, (Koninklijke Van Gorcum, ).

ジェンダー・トラブル フェミニズムとアイデンティティの攪乱 新装版/ジュディス・バトラー/竹村 和子(社会・時事・政治・行政) - ジェンダー研究の「最重要書」が装いも新たに刊行! 政治哲学・倫理学から現象学まで幅広い分野で活動するが、とくに現代フェミニズム思想を代表する一人とみなされている 。. 『ジェンダー・トラブル』の著者であり、世界屈指の哲学者 ジュディス・バトラー氏に「明治大学名誉博士学位」を授与12月11日、駿河台キャンパスで贈呈式、講演会. : New Work on the Politics of Literary Theory, co-edited with John Guillory and Kendall Thomas, (Routledge, ). ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱作者:ジュディス バトラー発売日: 1999/03/01メディア: 単行本25日に大学の図書館でホリィ・センさん(id:holysen)とひでシスさん(id:hidesys)とぶたおさん(id:butao)と4人でバトラーの『ジェンダー・トラブル』(1990)の読書会をした. ジュディス・バトラー 『ジェンダートラブル フェミニズムとアイデンティティの攪乱』 序文 著者が幼い頃に得た教訓。トラブルは避けえないものであり、だからやれることは、いかにうまくトラブルを起こすか、であった。.

ジュディス・バトラーのジェンダー・トラブルを読んでいるのですが、全く意味が分かりません。訳本なので日本語で書いてあるんです。わたしは日本人ですし、今までずっと日本語を使って生 きてきました。なのに本当に全く意味が分かりません。あまりにも意味が分からないので、「これ. 竹村和子訳『ジェンダー・トラブル――フェミニズムとアイデンティティの攪乱』(青土社、1999年) 1. Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity, (Routledge, 1990). The Psychic Life of Power: Theories in Subjection, (Stanford University Press, 1997). Contingency, Hegemony, Universality: Contemporary Dialogues on the Left, with Ernesto Laclau and Slavoj Zizek, (Verso, ). Sexy Zoneのマリウスが読んだということで話題になったフェミニズム哲学の最重要人物ジュディス・バトラー。. 日本大百科全書(ニッポニカ) - バトラー(Judith Butler)の用語解説 - アメリカのフェミニズム理論、セクシュアリティ研究者。1984年エール大学で哲学の博士号を取得した後、ヘーゲル哲学を論じた『欲望の主体』(1987)などを執筆し、1989年の『ジェンダー・トラブル』で、フーコーやデリダらの. 本稿ではまず, 『ジェンダー・トラブル』におけるバトラーの身体へのアプローチに, 重要な側面が3つあることを指摘する.

ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブルーーフェミニズムとアイデンティティの撹乱』(訳)竹村和子 (、青土社). The Psychic Life of Power: Theories in Subjection, (Stanford Unive. See full list on ambos. 本橋哲也訳『生のあやうさ――哀悼と暴力の政治学』(以文社、年) 1. 大河内泰樹・岡崎佑香・岡崎龍・野尻英一訳『欲望の主体――ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義』(堀之内出版、年) 1.

バトラー,ジュディスバトラー,ジュディス Butler,Judith カリフォルニア大学バークレー校、修辞学/比較文学の教授。哲学専攻 竹村和子タケムラカズコ お茶の水女子大学大学院修士課程修了。筑波大学大学院博士課程退学。. 『ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱』(ジュディス・バトラー) のみんなのレビュー・感想ページです(20レビュー)。作品紹介・あらすじ:権力はいかに言説のかたちをとって身体・精神・欲望を形成するのか。女と男の弁別が身体の自然に根ざすとする本質論的. 1 thought on “ ジュディス・バトラー様と竹村和子先生のインクレディブルなダジャレと翻訳 ” 匿名 /10/22 23:10. See full list on wpedia. Scott, (Routledge, 1992). ジェンダー・トラブル 新装版 ―フェミニズムとアイデンティティの攪乱― ジュディス・バトラー 、 竹村和子 | /2/21 5つ星のうち4. 年11月26日11時00分 / バトラーが主著のひとつ『ジェンダー・トラブル』を執筆したのはこの頃である 。ジョンズ・ホプキンス大学へ移ってそこに1993年まで教鞭をとったのちカリフォルニア大学バークレー校に移り、現在まで同校で研究を続けている。. エルネスト・ラクラウ、ジュディス・バトラー、スラヴォイ・ジジェク/竹村和子、村山敏勝訳『偶発性・ヘゲモニー・普遍性――新しい対抗政治への対話』(青土社、年) 1.

竹村和子訳『アンティゴネーの主張――問い直される親族関係』(青土社、年) 1. ・『82年生まれ、キム・ジヨン』 ・『三つ編み』 ・『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』 ・『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』 ・『世界を変えた100人の女の子の話』 ・『Black Box』 ・『ウーマン・イン・バトル』 ・『スカートの下の劇場』 ・『禁断の果実 女性の身体と性のタブー』 ・『日本のフェミニズム』 ・『何を怖れる――フェミニズムを生きた女たち-』 ・『私たちにはことばが必要だーフェミニストは黙らないー』 ・『説教したがる男たち』 ・『バッド・フェミニスト』 ・『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』 ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー ・『女性学/男性学(humanities)』 ・『ぼそぼそ声のフェミニズム』 ・『彼女は頭が悪いから』 ・『壊れる男たちーセクハラはなぜ繰り返されるのかー』 ・『世界の半分、女子アクティビストになる』 ・『なぜ、それが無罪なのか!?性被害を軽視する日本の司法』 ・『家父長制と資本制ーマルクス主義フェミニズムの地平ー』 ・『女ぎらいーニッポンのミソジニー』 ・『差異の政治学』 ・『女性のいない民主主義』 ・『現代フェミニズム理論の地平―ジェンダー関係・公正・差異』 ・『第二の性シリーズ』 ・『日本のフェミニズムシリーズ 「フェミニズム理論」』 ・『性の署名―問い直される男と女の意味』 ・『フェミニズムの名著50』. 生物学的な性(=セックス)という自然主義的・本質主義的な前提に疑問を投げかけ、これが権力の法システムによって構築されたものであることを明らかにしたフェミニズム. 1956年、オハイオ州クリーヴランドでアシュケナージ系ユダヤ人(迫害を逃れドイツ語圏・旧東欧諸国に移住したユダヤ人)の家庭に生まれる。バトラーの回想によると幼少の頃から哲学書を耽読し、とくにキルケゴール『あれか、これか:ある人生の断片』やショーペンハウアー『意志と表象としての世界』、スピノザ『倫理学』などを愛読した。 生家の近くにあったシナゴーグに通う年齢になると、ラビの手ほどきでスピノザ神学やドイツ観念論を体系的に学んだ。高校を卒業すると、まずベニントン・カレッジ、ついでイェール大学で哲学を専攻したのち、1978年にイェール大学で哲学の博士号を取得。この間、フルブライト留学生としてドイツに滞在し、ハイデルベルク大学でガダマーの講義に参加している。 博士号取得後はウェズリアン大学で研究員として研究をつづけるかたわら、博士論文を改稿し『欲望の主体:ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義』と題して出版した。1987−88年までプリンストン高等研究所で過ごしたあと、ジョージ・ワシントン大学で哲学の准教授に就任。バトラーが主著のひとつ『ジェンダー・トラブル』を執筆したのはこの頃である。ジョンズ・ホプキンス大学へ移ってそこに1993年まで教鞭をとったのちカリフォルニア大学バークレー校に移り、現在まで同校で研究を続けている。 1990年に刊行された『ジェンダー・トラブル』でバトラーは、ミシェル・フーコーによって先鞭をつけられたジェンダーとセクシュアリティ研究を大胆に推し進めた。また同書は政治哲学・ジェンダー学のみならず、文学批評からフェミニズム運動まで幅広い領域においてジェンダーと性的マイノリティをめぐる画期的な主張と受け止められ、バトラーは世界的な名声を博することになった。 以後『問題なのは身体だ』(未邦訳 1993)、『権力の心的な生』『触発する言葉』(ともに1997)から『アセンブリ―行為遂行性・複数性・政治』()まで精力的に単著を発表しつづている。 またバトラーは研究者であると同時に活発な政治活動家でもあり、セクシュアリティに関わる数多くの政治団体に協力して頻繁に政治的発言を行っている。1994〜97年までニューヨークに本拠を置く「国際ゲイ・レズビアン人権委員会」の代表を務めたほか、アメリカによるアフガニスタンやイラク侵入、アブグレイブ収容. 以下に示すのは,ジュディス・バトラー(1999)『ジェンダー・トラブル』竹村和子訳の第2章の要約です。第3章の要約は,完成次第投稿します。この本は,現代思想の重要人物の1人であるバトラーが従来のフェミニズムの議論が陥っていた問題を構築主義の視点から指摘し,その後のフェミニズム. こちらも入門書にはぴったりな本だと思います。ジェンダー論が関係する教育・政治といった場面を想定して、章立てされ議論が行われます。 近年の研究動向を踏まえた議論がされているので、学術的な入門書といった感じでしょうか。しかし、だいぶ優しく書かれているので大変読みやすいです。 特に第8章は、フェミニズムとジェンダーについて触れられているので、フェミニズムにも関心がある人には面白い内容だと思います。.

ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱 バトラー,ジュディス【著】〈Butler,Judith〉 / 竹村 和子【訳】 青土社 (1999/04発売). こちらは、実際に女子大で開講されていた授業の内容をまとめたものだそうです。ディズニー映画に登場するお姫様たちを通して、ジェンダーに関わる問題を議論しています。 講義後の学生からの感想がそのまま載せられている所も、一緒に勉強になるので面白かったです。「お姫様」とありますが、男性性について考えさせられる話もたくさんあるので、ぜひ男性にも手にとっていただきたいと思います。. See full list on note. Precarious Life: the Powers of Mourning and Violence, (Verso, ). Excitable Speech: A Politics of the Performative, (Routledge, 1997). この本の著者ジュディス・バトラーは第3波フェミニズムを代表するフェミニストです。ここまでに紹介した本から一気にジャンプして専門的な本にはなるので、レビューを見ても低評価の多くが「難しくて読むのをやめた」といった内容でした、、、。 かくいう私も1度目は全然わからなくて、途中でやめました。しかし、このnoteを書くにあたってもう一度読み直してみると、以前よりだいぶ内容が理解できたんですよね。で、多分その理由はタイトルは『ジェンダートラブル』だけど、一定のフェミニズムの知識が必要だからだと感じました。 第3波フェミニズムの概念を理解するのにはもってこいの本だと思います。 下に掲載したブログで、噛み砕いて解説もされているので、補完しながら挑戦してみてもいいかもしれないです!. ジェンダー・トラブル ―― パロディから政治へ.

ジェンダー・トラブル 新装版-フェミニズムとアイデンティティの攪乱-ジュディス・バトラー 著,竹村和子 訳. 佐藤嘉幸・清水知子訳『権力の心的な生――主体化=服従化に関する諸理論』(月曜社、年) 1. 竹村和子訳『触発する言葉――言語・権力・行為体』(岩波書店、年) 1. 1956年、オハイオ州クリーブランドに生まれる。ヘーゲル研究の道を進み、1984年にイェール大学で博士号を取得。同博士論文は1987年に、『欲望の主体――20世紀フランスのヘーゲル哲学的省察(Subjects of Desire: Hegelian Reflections in Twentieth-Century France)』として出版された。 1980年後期から西洋フェミニズム理論のポスト構造主義的再定式化の流れに加わり、従来のフェミニズムで用いられてきた言葉の規定性、硬直性を問題にして、そのパフォーマティブな構築性に注目し始めるようになる(パフォーマティビティ論)。 レズビアンであることを公言しており、年1月に来日した際には、講演会場はさながらレズビアン・コミュニティーの祭りと化した。ユダヤ教改革派の熱心な信者でもあり、ユダヤ系の出自であることを強く意識しており、近年の研究では、ユダヤ哲学に関心を持っている。. "Judith Butler: Your Behavior Creates Your Gender″に日本語字幕を付けました。翻訳は辻憲行 ジェンダー・トラブル - フェミニズムとアイデンティティの撹乱 - ジュディス・バトラー - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 研究活動の最初期からバトラーが一貫して関心を抱き続けているのは、欲望と主体の関係、つまり人間が物事を判断したり何かに欲望を向けたりするとき、何がそうした判断・欲望の主体となるのか、そうした行動は歴史・社会からどのような制約を受けて成り立っているのか、ということだった。近代社会は個人が「独立した主体として判断をくだす」ことが当然の前提となっているが、その主体性はそれほど自明なことだろうか、実際には歴史・社会による偶発的な制約が「主体」の中に複雑に入り込み、その「主体」の意識しないところでさまざまな抑圧を受けているのではないか、という問題意識がそこにはあった。 この問題意識を「ジェンダー」に即して展開したのが主著のひとつ『ジェンダー・トラブル』である。 セックスは自明か 本書においてバトラーは、まず「セックス」と「ジェンダー」という二つのカテゴリーを再検討する。それまでのフェミニズムは、「男女」という動かしがたい自然の性差(セックス)の上に「ジェンダー」という文化的な構築物が作られていると考え、後者の「ジェンダー」に由来する伝統的な性区分・性役割(「男は外で働き・女は家庭を守る」「男は強く・女は優しい」など)を批判することによって、女性の解放と権利向上を訴えてきた。 しかしバトラーによれば、「セックス」もすでに文化的な構築物にほかならない。人間の身体は実際にはどこからどこまでを「器官」と名づけるかが混沌としている「不連続な属性の塊」にすぎないのに、そこに歴史的・文化的な抑圧のもと胸やペニス・膣などを「性的部分」として切り分けてしまう作業によって、「男と女」という自然の性差が存在するかのように偽装されている。そうバトラーは主張する。 欲望する主体 性的欲望の主体であると同時に対象でもある存在として歴史的に広く受け入れられてきた「男/女」というカテゴリー自体が、一般に考えられているほど自明で堅固なものではなく、文化的な抑圧によって成り立っているという主張は、「自然の性差」を当然の前提としてきた従来のフェミニズム運動に根本的な再考を求めるものだった。同時にこれは「主体とは何か」というヘーゲルからフーコーにいたる西洋政治思想上の重要主題を現代的課題のもとに位置づけなおす試みでもあったため、本書は政治思想・倫理学から現象学まで、幅広い分野に大きな影響を及ぼした。 また「男女. ジュディス バトラー『ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約32件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも. : Language, Politics, Belonging, with Gayatri Spivak, (Seagull Books, ).

もはや、これ一冊でジェンダー入門を学ぶには十分ではなかろうか!というくらいの本だと思っています。 大学で教鞭を取られている著者が、基礎の基礎から、噛み砕かれた言葉で、丁寧に説明されているので、入門書として包括的な知識を得るのにぴったりです。 さらに合間合間に、各議論のテーマに対する知識を深めるにはどういう本がオススメなのかが紹介されているので、次の一歩を進める時にも非常に有益な情報をまとめてくださっている本です。. What&39;s Left of Theory? More images for ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー ». 1988年、アメリカの思想家ジュディス・バトラーが『シアター・ジャーナル』誌に発表した論文。バトラーによると、ジェンダーというアイデンティティは、さまざまな行為の原点となる安定したものというより時間の流れのなかでかりそめに構成されるものであり、したがって、行為をある. ジュディス・バトラーというアメリカのジェンダー理論家がいます。最近来日して講演があり、それのまとめも兼ねられた『現代思想』の特集も組まれています。 現代思想 年3月臨時増刊号 総特集 ジュディス・バトラー ―『ジェンダー・トラブル』から『アセンブリ』へ― 作者. 中央大学 : 清水晶子 【CGS News Letter005掲載】 『ジェンダー・トラブル』が世に出て15年以上、同書の邦訳が出版されて5年以上たって、ジュディス・バトラーがようやく来日を果たした。. こうした身近な問題をジェンダー論の視点から解説されています。3段階で説明が加えられているのも読者に優しい本だなと感じました。 タイトルからもわかる通り、専門的すぎたり啓蒙的だったりしないところが、ジェンダーに問題意識をもつことはみんなに必要なことだと訴えかけられているようでした。. Subjects of Desire: Hegelian Reflections in Twentieth-Century France, (Columbia University Press, 1987).

作『ジェンダー・トラブル』を. Feminists Theorize the Political, co-edited with Joan W. Antigone&39;s Claim: Kinship between Life & Death, (Columbia University Press, ).

ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー

email: xeraxaj@gmail.com - phone:(265) 454-8149 x 2840

早稲田実業学校初等部 過去問とっくん 2014 - こぐま会 - ピーター ハシエンダ

-> アメリカ合衆国史と人種差別 - 大塚秀之
-> ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー

ジェンダー・トラブル - ジュディス バトラー - 神岡真司 断ること を覚えなさい


Sitemap 1

革ひもでつくるアクセサリー - 雄鷄社 - せきぐちさちえ詩集 水田の空 せきぐちさちえ